CKAndroid

Android端末の情報をお届け!!

Huawei G9 Lite登場!!

f:id:taoexo9811:20160506215949j:plain

Huaweiから新たなミッドレンジモデル、G9 Liteが発表されました。特にこれれと言って目をひくポイントがあるわけではないですが、今のスマホ市場のミッドレンジとしてはなかなかできのいいモデルだと思います。

 Huawei G9 Liteは、P9と同じ7.5mmのエッジの効いたボディーが採用されていますが、美しいP9ファミリーに加えるかと言われると、ちょっと厳しいですね。P9がフルメタルボディーを採用している一方で、G9 Liteのバックパネルはプラスチックと金属で構成されています。またP9の一番の目玉機能と言っても過言ではないデュアルカメラがG9 Liteでは13MPのシングルカメラに変更されています。

f:id:taoexo9811:20160506220829j:plain

5.2インチ FHDディスプレイ、プロセッサーにはクロック2GHzの8コア Kirin650が搭載されており、内部ストレージは3GB RAM・16GB ROM(128GBまで拡張可能)が採用されています。 フロントカメラには8MPカメラを搭載しています。指紋認証センサー にはHuaweiの最新技術を盛り込んだ0.5sでアンロックする新世代センサーが、バッテリーは3000mAhの物が採用されます。

またソフトの面では、Android6.0 MarshmallowベースのEMUI4.1がプリインストールされます。

f:id:taoexo9811:20160506221526j:plain

f:id:taoexo9811:20160506221545j:plain

f:id:taoexo9811:20160506221556j:plain

ここまでは、なるほど今時のミドルレンジという感じですよね。ここからが今回の注目点です。

 

今回G9 Liteには,、Kirin650の代わりに、Kirinと同等のスペックを持つSnapdragon617プロセッサーを用いたモデルも用意されています。Kirinバージョンが1599人民元($245)でSnapdragonバージョンが1699人民元($261)となる予定です。どちらのモデルも5月13日から中国限定で販売開始となります。

 

このG9 Liteが国際市場向けの国際市場向けのP9 Liteのリブランドモデルになるため、中国のみの販売になるようです。G9 liteのカラーオプションはP9以上に豊富でアメジストウェオ含めた5色展開となっています。

f:id:taoexo9811:20160506222328j:plain

f:id:taoexo9811:20160506222332j:plain

f:id:taoexo9811:20160506222337j:plain

個人的にはHonor 5Cに似ていると思うのですが…

 

$300に届かない値段設定になっているので、スペックにそこまでこだわらない方にはおすすめできるモデルだと思います。

 

 

中華スマホタブレットに興味のある方はFastcardtechがおすすめです!!

 

広告を非表示にする